2018年07月28日

8月 担い手研修

野外チャレンジプロジェクト
担い手研修 8月

8/23(木)
11:30〜13:30
@ほがらか若草店
20名以下

【タイトル】
〜価値ワーク〜
あなたにとっての価値を探す

【対象】
発達・知的障がいを持つ子供の親御さん
放課後デイサービスでお勤めの方
発達障がいについてもっと理解を深めたいかた
などなど

【講師】
伊藤 久志氏
アイズサポート
代表/認定行動療法士
大学を出てから、総合病院児童精神科、小児科クリニック、NPO法人を渡り歩き、発達支援に取り組んできた。10年前に発達障害に特化した相談所『アイズサポート』を興し、現在に至る。

2000円/人

申し込みは下記アドレスからお願いします。

info@p-base.co.jp
名前
携帯番号
メールアドレス
人数(大人、小人)


https://www.facebook.com/events/244771739675986/?ti=icl

  
  • LINEで送る


Posted by P-BASE at 19:22Comments(0)担い手研修

2018年05月10日

旅行同行研修inとよた (障がいを持つ人と一緒に行く旅行)

日時
5月18日(金)

時間
19:00〜20:30

場所
スマイリング松平店
(豊田市中垣内町広畑7−3)

内容
○旅行の同行に必要な知識
○ロールプレイ(小集団旅行)
○旅行中のリスク管理
○感動する旅行
○リハビリ旅行

講師
○総合旅行業務取扱管理者 小川真奈
○旅行サービスじぇぷと 代表 坂元 玲介

参加費
○無料

申し込み方法

①お名前
②所属
③人数
④連絡先(電話番号)

下記メールアドレスへご連絡ください。
info@p-base.co.jp  
  • LINEで送る


Posted by P-BASE at 16:44Comments(0)担い手研修

2018年04月26日

【とよたの森ツアー 延期のお知らせ】

おはようございます。

明日に迫った「とよたの森ツアー」ですが、様々なご意見を考慮して【延期】とさせていただきます。

「参加したいけど、日程が合わない」

「GW前は忙しいのー」

「行きたいけど仕事で・・・」
etc.


今回は正式に4名の方にお申込みを頂いておりましたが、

体験内容を考慮すると10名前後の参加が望ましいと判断しました。

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。


リスケジュールについては
6月以降で再調整させていただきます。


この度は延期となり、大変申し訳ありませんでした。
  
  • LINEで送る


Posted by P-BASE at 10:14Comments(0)イベント

2018年04月09日

【募集】トヨタの森 視察ツアー

キックオフパーティーを終えて
★初イベント★

日時
2018年4月27日(金)

時間
10:00〜12:00

場所
トヨタの森 「里山学習館 エコの森ハウス」
豊田市岩倉町一本松1-1

タイトル
「大人が自然の魅力に気付こう!」

参加費
「無料」

持ち物
「長袖、長ズボン、スニーカー、飲料」

対象
「18歳以上、障がいを持つ子供の親、福祉関係スタッフなど」
※お子様連れの場合はご相談下さい※

定員
10名

内容
地域の小学生を対象とした自然ふれあい体験プログラムのご紹介。
子供に自然からの気づきを与える言葉がけ方法。
里山・自然の素晴らしさへの気づき。
トヨタの森スタッフが丁寧に教えてくれます。







トヨタの森ブログを下記URLからクリック。

http://gazoo.com/my/sites/0001452279/forest_of_toyota/default.aspx


申し込み
下記URLから申し込み下さい。
本文:「トヨタの森参加、名前、人数、連絡先」をご記入の上申し込みください。

http://www.p-base.co.jp/contact.html


皆様のご参加をお待ちしております。  
  • LINEで送る


Posted by P-BASE at 00:47Comments(0)イベント

2018年04月01日

【御礼】

本日は「野外チャレンジプロジェクトキックオフパーティー」へお越し頂きありがとうございました。



青木さんの話で「アメリカってすごーい!」

日本での常識が当たり前じゃないことに気付かせていただきました。

誰もが便利に暮らせる社会を実現するためには、たくさんの人に発信しなければと・・・と感じました。






加藤さんの話で「限界は自らつくっている!」

1%の可能性に気付き、その可能性を広げるのは自分次第なんだなぁーっと気づかせて頂きました。

身体の障がいがどうとか、私はこういう人間だから・・・って決めつけているのは他人ではなく、自分なんだなぁーっと感じました。






わかなちゃんの歌で「歌のチカラって本当にすごい!」

歌詞の意味を一つ一つかみしめながら、自然に涙がこぼれてきました。

感謝しているつもりが・・・相手に伝わっていないければ意味がない。今の私があるのは親を始めとした周囲の人のおかげ!

もっともっと周りに感謝できるようにならなければと感じました。


最後はシンポジウム
〇特別ゲスト3名
〇加藤啓太さんのお父さん
〇わかなちゃんのお母さん

チャレンジが大事!

親は見守る勇気が大事!

育つのは周囲の環境が大事!

とにかく人生を楽しむことが新たにチャレンジになるのでは・・・!

っと感じました。






このパーティーで、自らの限界を超えていく子どもや大人が一人でも誕生してくれたらうれしいです。

新たなチャレンジした人!

あつまれーーーーー!


  
  • LINEで送る


Posted by P-BASE at 02:09Comments(0)

2018年03月28日

3/31 キックオフパーティー

子ども野外チャレンジプロジェクキックオフパーティー
~障がいを持つ子どもが野外でチャレンジできる環境を~

【このプロジェクトではどんなことやるの?】
障がいを持つ(18歳以下)子どもが野外活動や外出ができる環境づくりを応援します!!
①障がいを持つ子ども向けの自然学習の場をつくります!
②外出支援サービスの担い手育成します!

~こんな人に来てほしい~
○障がいを持った子どもとの外出に不安を感じている
○心配で野外で思いっきり遊ばせられない
○本当はキャンプをしたり、旅行にも行きたい

そんな想いを感じたことのある障がいを持ったお子さんのご家族を応援したいという気持ちから、今回新たにスタートするプロジェクトのキックオフパーティーを開催します!







【日時】 :平成30年3月31日(土) 14:00~16:30
【会場】 :豊田市福祉センター 41会議室
      豊田市錦町11-1
http://toyota-shakyo.jp/office/①豊田市福祉センター/
【参加費】:2,000円(プロジェクトへの寄付金含む)
【主催】 :合同会社P-BEANS
【協力】 :株式会社KEI Sropelabo

【問い合わせ先】
合同会社P-BEANS 0565-41-8301(担当:おがわまな)

【申込フォーム】
https://goo.gl/forms/pPqXW5G3wl9gmeqE3

※こちらから必要項目をご入力ください

当日タイムスケジュール予定
13:30~  受付開始
14:00~  開会あいさつ
14:10~  代表者の想い・プロジェクト概要説明
14:30~  加藤啓太氏・青木紗耶氏 講演
15:10~  休憩
15:30~  上田若渚氏 生歌披露
15:45~  シンポジウム(障がい者・障がいを持つ子どもの親・代表者)
16:15~  閉会のあいさつ(代表坂元より)
~16:30  終了予定

【特別ゲストプロフィール】
~加藤啓太(元パラリンピック日本代表)~
重度障害者・株式会社KEI代表取締役
10年間ボッチャ日本代表選手に選ばれていた。

生後3ヶ月時、両腕足の麻痺に加え言語障害を負い、脳性麻痺の重度障害者となる。
やろうとした事に対し、障害者だからできないという事を実現している。
車椅子で学校に通い、大学進学に1人暮らしをして卒業。
2012年 ロンドンパラリンピックに出場。
2016年 電子書籍「1%の可能性を信じれば夢は叶う」出版。

現在は、経営者として障害者宅へのヘルパー派遣事業。
ボッチャは現在も現役プレイヤー、障害者スポーツを広める活動、夢を応援する講演を行っている。

【関連リンク】
◆株式会社KEI◆
http://npo-hotspace.jp/

◆加藤啓太オフィシャルサイト ブログ更新中!◆
http://katou-keita.com/  


~青木紗耶(宮城障害者団体最年少出場)~
1987年、富山県生まれ 株式会社KEI職員
低体重で生まれ、生まれた直後に呼吸が停止。
生後5か月で脳性麻痺の診断がおりる。
2歳からリハビリを開始、現在は手動車いすを使用し生活している。
小中学校を富山の養護学校で過ごし、在学中の2001年に「富山県青年海外派遣JC少年の翼」に障害のない生徒とともに参加。
アメリカオレゴン州でホームステイを経験。
同年、車椅子の陸上競技スラロームにて日本記録を出し、宮城障害者国体に最年少で出場した。
この2つの経験が大きな転機となり「いろんな人たちの中で様々な経験をし、それを伝えることで同じ障害がある人の力になれたら、せっかく障害がある私だからこの私を活かしたい」と思えるようになった。
その後、高校は一般の県立高校に進学し、親元を離れ一人暮らしをしながら日本福祉大学社会福祉学部社会福祉学科を卒業。
大学在学中から小中学校へ向けた福祉教育の活動で講師を務めるほか、現在はヘルパーステーションで当事者の立場から相談支援に従事している。


~上田若渚(全盲の歌姫)~
「幸せは、目の前にたくさんあるんだ」と確信し 一人でも多くの人に目の前にある幸せを伝えたい、そして「人は心の輪っかで繋がっている」と言う事もたくさんの方に伝えたいとライブ活動、講演などで活動中。
2004年 4 歳からピアノ・ギターをはじめる。
2015年24時間テレビ(中京テレビ)にてメインボーカルで「糸」 を歌う。
あらゆるメディア出演しながら、「将来は笑いのとれる歌手になり世界へ羽ばたきたい!」と現在、英会話レッスン中。
2016年24時間テレビ(中京テレビ)にて繋ぐ交響楽団のリーダー兼メインボーカルとして活躍。
地元、愛知県豊田市エフエムとよた RADIOLOVEAT にて、 『若渚のにっこりタイム』放送中  
  • LINEで送る


Posted by P-BASE at 08:06Comments(0)

2017年12月02日

~協力者求む~

【障がいを持つ子どもと親の野外チャレンジプロジェクト】

子どもたちが自然と関わる機会を減っているのはご存知でしょうか?
私は両親のおかげで、小学生からボーイスカウト活動などを通して野外活動をたくさん経験させてもらいました。

●ハイキング
●キャンプ
●雪中キャンプ
●スキー合宿
●募金活動
●フィリピンへ植林活動
●オーストラリアへ海外スカウトとの交流
●川のゴミ拾い
など





たくさんの経験を積ませていただきました。

社会人になると仕事を理由に上記のような活動ができておりませんが・・・。
私がリハビリテーションの仕事において、障がいを持つ人やご家族から様々な意見をいただく中で【足りない】と感じることがありました。


それは



各種保険制度にて日本はあらゆる医療・介護・療育などが受けられます。しかし、野外での遊びの要素を含む活動は保険制度でもサービスが限られています。

シニア向けの旅行サービスを始めて1年が経過しました。
旅行を諦めていた人が「一歩踏み出す」ことにより、自分の可能性に気付き、自ら〇〇したい人が増えてきました。


障がいを持つ子どもの両親からは
「子どもに自然と触れ合ってほしいけど・・・」

「毎日生活するのがやっとだからそんな余裕はない」

「うちの子は障がいがあるから無理だよ」

「迷惑かけてまで行きたくない」

などのご意見を頂くようになりました。



この課題を解決するべく立ち上がったのが・・・

【障がいを持つ子どもと親の野外チャレンジプロジェクト】





主に3つの活動を行います。
1)障がいを持つ子ども向けの外出支援サービスの実施
(障がいを持つ子どもが野外で活動したり、外出できるように、ステップアップ形式で外出支援サ-ビスを実施します)

2)外出支援サービスの担い手育成
(障がいを持つ子どもの家族や施設スタッフ等の外出支援の経験がない介護者が、外出支援に同行したり、勉強会に参加することで自信をつけ、外出支援ができる人材になることを目指します)

3)外出しやすい環境づくり
(交通手段や宿泊先、現地環境などのバリアフリーに関する情報を収集し、外出しやすいスポットをマップ化したものをWebサイトに掲載することで、障がいを持つ子どもも出かけやすい場所や注意点などの情報を得られるようにします)


2018年4月から本格的に始動します★
3月までに西三河エリアで説明会を開催予定。
情報は、随時FACEBOOKページにUPします!



【メッセージ】
これから立ち上がる団体です!

皆さんの力が必ず必要になります。

この活動に興味を持っていただける人にぜひ一緒に活動してほしいです。

この活動にご協力頂ける方は


下記アドレスまでご連絡ください!
info@p-base.co.jp (坂元宛)
件名:障がいを持つ子どもと親の野外チャレンジプロジェクト
① お名前
② 所属
③ 連絡先
④ 年齢
⑤ メッセージ

お待ちしております(^^♪



代表者 坂元玲介(さかもと りょうすけ)  
  • LINEで送る


Posted by P-BASE at 23:26Comments(0)